| 神奈川・東京の法務・税務・不動産等に関する業務ならLTRコンサルティングパートナーズにお任せください。

LTRコンサルティングパートナーズ
  • LTR経営ホットライン
  • 教えてLTR
  • お問合せ
2021年05月07日 [Default]

ウィズコロナ時代のテレワーク ミーティングも納会もZoomで快適に!

LTRでは、本ブログを通して経営者の皆さまのお役に立てる情報を定期的に発信していきます。今回は「ウィズコロナ時代のテレワーク ミーティングも納会もZoomで快適に!」を紹介します。※こちらの記事は「LTR通信2021春号」に掲載中です。

弊社「AKIA TAX CONSULTANTS」がテレワークを導入して、早1年。オンライン会議システム「Zoom」を活用したことで、業務の効率化を図ることができたと感じています。そこで今回は「Zoom」導入によるメリットや、社内で開催した“リモート納会”についてお話しします。

Zoomミーティングのメリットは?

コロナ禍で感染者が増え、多くの会社がテレワーク業務を取り入れる中、弊社でも、ほとんどのミーティングや打ち合わせをZoomで行っていました。

テレワークのミーティングで実際に不便だった点としては、お客さまが会話している場所で雑音が入る、あるいはパソコンやネットワークが不安定なため、音声が聞こえづらかったり、社内で同じ時間帯にミーティングが重なってしまうと、ほかの人の声が被ってしまい、会話が難しくなってしまうことなどです。

一方で良かった点としては、移動の手間や費用がお互いかからないことや時間の都合が比較的つきやすいこと、自宅や会社など場所を問わずに行えたことです。総合的に不便な点以上に、良かった点が多かったと感じます。

これからテレワークがさらに普及することで、Zoomの音声がクリアになるほか、スケジュール昨日の使いやすさが向上するなど、ソフト面もより便利になるでしょう。ますます多くの会社がテレワークを導入するのではないか、と期待が高まります。


クイズ大会も大盛り上がりの“リモート納会”

昨年は、社内外での飲み会を控える会社も多かったと思いますが、弊社では昨年末に社内・在宅スタッフが参加し、Zoomを利用した「リモート納会」をおこないました。

もともと毎月の社内勉強会の後、懇親を兼ねたリモートランチ会を開催していたので、納会に関しても新たに検討する必要もなく、ほぼ同じやり方で開催することができました。ランチ会と違う点は、納会につきもののお酒が入ったことと、こちらも恒例の催し物(ゲーム)を行った点です。

今回は、2種類のクイズを行いました。一つ目は、手持ちの紙に書かれた漢字の読みを当ててもらうもの。二つ目は、英語を使う業務が多い弊社らしく、英単語の意味を紙に書き、当ててもらうクイズです。参加者が一堂に会したほうが盛り上がると思いきや、パソコン画面に参加者が映っている光景は、テレビのクイズ番組を見ているような雰囲気で、違った面白さがありました。

最後まで勝ち残った社員には、アマゾンのギフト券をプレゼント。在宅スタッフの中にも勝者がいたので、後日郵送しました。手渡しで受け取るのもうれしいと思いますが、郵送でもらうと懸賞に当たったような喜び(?)があったのではないでしょうか。

テレワークや納会も、実際に行ってみると「工夫次第」であると感じます。対面でのコミュニケーションを基本にすると「会って話さないと分からない」「オンラインだと人柄が分からず冷たく感じる」など、マイナスのイメージが先行しがちです。しかし、オンラインでのコミュニケーションを経験するにつれ、直接会わなくてもスムーズに会話を交わし、感情的な部分も共有できようになるのかもしれません。

これまでのテレワークが「効率化」がメインだとすると、これからのテレワークは業務で利用することが当然の「インフラ」になってゆくのではないでしょうか。そしてなかなか対面できない状況の中で、実際に会ってコミュニケーションすることのありがたみや、重要度も増してゆくと思います。

今後、テレワークが主流になるということでは決してなく、対面でのコミュニケーションと共存することで、ビジネスもプライベートも充実したものとなることを期待したいです。(税理士 赤崎 章吉)

PageTop

Copyright(c) LTR All Right Reserved.