無料相談からご契約までの流れ|神奈川・東京の法務・税務・不動産等に関する業務ならLTRコンサルティングパートナーズにお任せください。

LTRコンサルティングパートナーズ
  • LTR経営ホットライン
  • 教えてLTR
  • お問合せ

無料相談からご契約までの流れ

1.お問合せ(無料)

お問合せ

「どのような専門家に相談してよいかわからない」、
「何をどう相談してよいかわからない」
「既に他の士業などに相談しているが分からないことがある」
「顧問の士業がいるが、他の士業の意見も聞いてみたい」など、
ご不安なことや疑問に思うことがございましたら、LTR事務局までお気軽にお問い合わせください。
TEL/045-862-0107
FAX/045-862-6081
お問合せフォームはこちら>>>

矢印

2.士業からご連絡(無料)

士業からご連絡

LTR事務局がお客様のお悩みやご要望に応じて、最適な士業を選定します。
選定された士業が直接、お客様にお電話でご連絡させていただき、お話をお伺いします。
※制度の説明や手続きの流れの確認などお電話をする中でお客様の疑問が解消できた場合は、ここで終了です。

必要に応じてお客様のお悩みや問題を解決するために実際にお会いして詳しくお話を伺うための日時をご相談させていただきます。
※この段階で弁護士や税理士など複数の士業が一緒にお話を伺ったほうが多角的な視点で有用な情報を提供できたり、お客様にとって労力や時間の節約につながる場合は、複数の士業と初回面談を行うことをご提案させていただきます。

矢印

3.初回面談(無料)

初回面談

お客様とお会いし、じっくりお話をお伺いいたします。
※ご高齢や足の悪い方などお客様のご事情に合わせた出張相談も可能ですのでお気軽にお申し付けください。
※複数の士業と初回面談を行ったほうがお客様にとって多角的な視点でのアドバイスが得られたり、労力や時間の節約にもつながる場合は、お客様にご承諾を得た上で複数の士業で一緒にお話を伺います。

♦個人情報の取り扱いについて♦
会社の運営からプライベートまで様々なお悩みや問題のご相談をお受けする各士業は守秘義務を負っています。相談内容はもちろん、相談をいただいたこと自体も第三者に漏らすことはありません。
また、個人情報の管理についても十分留意して取り扱っております。

矢印

4.ご依頼

ご契約

面談の内容にもとづき、お受けできる業務内容や費用体系やスケジュール等について詳しくご説明し、見積書を作成しご提示いたします。(見積もりは無料です)
その内容を踏まえて、お客様にはLTRへ依頼するかどうかをお決めいただきます。
※相談をしたからといって必ず依頼していただく必要はありません。依頼するかどうかをその場で決定する必要はなく、一旦持ち帰って検討していただいて結構です。
※良心的な価格設定で、特別な事情がない限りは追加料金もございません。
※お忙しい方、ご高齢や足の悪い方などお客様のご事情に合わせてメールや電話でやりとりを行い、ご負担を軽減いたします。
料金についての考え方

HPの各サービスページに、詳しく料金を掲載できず申し訳ありません。
ご相談を寄せて頂く事案はまったく同じものがなく、事案に応じてオーダーメイドで最善の対応策を検討する必要があります。事案の複雑性、解決すべき問題や課題の範囲、調査の内容、作成する書類の種類や数、手続き方法、事務作業量、他士業とのチーム編成の必要性など、それぞれの事案によって予想される時間が異なるので、詳しいお話を伺わないと料金の算出が難しいのです。
あくまでも料金の概算となってしまいますが、LTR事務局を通じて確認することもできますので、まずはお気軽にご相談ください。

一般的に士業の報酬は高いと思われる方も少なからずいらっしゃるかもしれませんが、必要経費の多寡を短期的な視点で判断するのではなく、総合的かつ中長期的な視点で将来的なトラブル予防、問題解決を図れたことによる各方面への好影響、ご自身の大切な時間や労力、心理的な負担軽減などのメリットを勘案し判断していく必要があります。
また、法務・労務・税務や経営全般など専門性が高い分野を自社の人員で賄おうとすることへの採用リスクやコストパフォーマンスの観点から、士業の活用のメリットをぜひご検討ください。
LTRの場合はワンストップで複数の士業が問題解決できますし、各々の士業に個別に相談するよりも情報や資料の共有が可能になるので割安です。また、時間や労力の軽減にもつながります。

例)各種手続きを仮に自社で行う場合

人材確保に要する時間、会社が負担する人件費等(給与、社会保険、福利厚生、ノウハウの取得、研修費など)、担当の社員が関与する時間や労力(調査、事務書類なの作成や不備への対応、役所への行き来や交通費など)などの負担がかかります。

例)相談役を仮に自社で採用する場合

人材不足の昨今、信頼できる優秀な社員はなかなかみつからず、また高待遇の役員を自社で雇用することのリスクは否めません。
優秀な人材の確保に要する時間や労力、社内での合意を取りつけるためのコミュニケーションや社内会議に要する時間や労力、人件費等(給与、社会保険、福利厚生、研修費など)などの負担がかかります。

矢印

5.安心のアフターフォロー

安心のアフターフォロー

問題・課題解決、お手続終了後のアフターフォローも万全です。お客様に寄り添い続けます。
●心配や気になったことについて電話による相談も可能です。
●会社の経営状況の変化、お客様の生活環境や状況などの変化に合わせて今、行うべきことなどのアドバイスを行い、対策の見直しなどをお手伝いいたします。

PageTop

Copyright(c) LTR All Right Reserved.