教えてLTR | 神奈川・東京の法務・税務・不動産等に関する業務ならLTRコンサルティングパートナーズにお任せください。

LTRコンサルティングパートナーズ
  • LTR経営ホットライン
  • 教えてLTR
  • お問合せ

教えてLTR

2019年11月28日 [補助金・助成金情報]

【補助金・助成金情報C】今から準備をお勧めします。小規模事業化持続化補助金(最大50万円〜100万円)

こんにちは。中小企業診断士の西端です。

LTRでは、本ブログを通して経営者の皆さまのお役に立てる情報を定期的に発信していきます。

今回は経済産業省系の補助金の中でも「圧倒的に使いやすい小規模事業持続化補助金」についてお話し致します。

現在は募集期間ではありませんが、来年に向けて、是非今から準備しておかれることをお勧め致します。
募集はおそらくは春頃と思われます。
※申請者は小規模事業者に限られます
製造業:従業員20名以下
小売り・サービス業:従業員5名以下です

■使いやすい理由@〜幅広い補助金対象
この補助金の使いやすい理由は、対象となる補助金が様々な用途に使える事にあります。通常の経済産業省系の補助金は、機械設備のみ、ITツールのみなど、使えるものが限られてしまっているものがほとんどですが、小規模事業者持続化補助金は、下記に挙げるとおり、様々な用途に使用可能です

・補助対象経費
@機械装置等費、A広報費、B展示会等出展費、C旅費、D開発費、E資料購入費、F雑役務費、G借料、H専門家謝金、I専門家旅費、J車両購入費(買い物弱者対策事業の場合に限ります)、K設備処分費(補助対象経費総額の1/2が上限)、L委託費、M外注費
・補助金額
補助金額(貰えるお金)は最大50万〜100万円です。また、補助率は2/3なので、75万円使って、50万円が補助金として支給される計算です。

■使いやすい理由A〜採択者数が多い
多くの補助金の中でも、採択者数が圧倒的に多いのも特徴です。他の補助金との比較を挙げると以下の通りです
小規模事業持続化補助金 21,808社(平成30年度)
IT導入補助金:約 7000社(平成30年度)
ものづくり補助金 9,531社(平成31年度)
また、採択率(申請に対する採択者の割合)も補助金の中でも、比較的高いようです。

■今から準備しておいて貰いたいこと
申請にあたっては事業計画書が必要となります。いまから事業計画書の準備をしておくことをお勧め致します。事業計画書の詳細については、また別途お伝え致します。


PageTop

Copyright(c) LTR All Right Reserved.