教えてLTR | 神奈川・東京の法務・税務・不動産等に関する業務ならLTRコンサルティングパートナーズにお任せください。

LTRコンサルティングパートナーズ
  • LTR経営ホットライン
  • 教えてLTR
  • お問合せ

教えてLTR

2019年10月24日 [補助金・助成金情報]

【補助金・助成金情報】補助金獲得(最大1000万円)のためには早い準備が必要です

LTRでは、本ブログを通して経営者の皆さまのお役に立てる情報を定期的に発信していきます。

今回は「補助金・助成金」についてご紹介します。

補助金・助成金は国から交付される資金で、原則返還義務はありません。よって、中小企業はこうした制度を上手く活用することで、経営に役立てることができます。補助金によっては最大1000万円まで補助されるものもあります。

しかしながら経済産業省が公募する補助金は、すべて事業計画書が必要となります。事業計画書とは、その事業がどんな事業であり、どれだけの収益性があるかなどを記載した計画書です。その計画書を作成することは、普段の業務と異なるなど、とても大変な作業となります。

一方で経済産業省の補助金はすべて募集期間が一定期間で決められています(1ヶ月〜2ヶ月程度)。そのため補助金の募集が始まってから、事業計画書の準備するのでは間に合わないため、あらかじめ準備しておくとよいでしょう。

2020年の募集に向けて今から準備できる補助金を3つ紹介します。
今年度の募集は既に終了していますが、毎年、おおよそ一次募集が春ごろ、二次募集がある場合は秋ごろになります。
興味がある場合は、今から事業計画を準備しておくことをお勧めいたします。

@ものづくり補助金
 100〜1000万円 補助率:最大2/3
 設備投資や新規事業の準備に使える補助金です。
https://www.chuokai.or.jp/hotinfo/mono-192koubo20190819.html

A小規模事業者持続化補助金
 〜50万円 補助率2/3
 ホームページの作成や、宣伝広告ツールなどに使える補助金です。
https://h30.jizokukahojokin.info/

BIT導入補助金
 40〜450万円 補助率1/2
 IT活用による業務効率化などのシステム導入に使える補助金です。
https://www.it-hojo.jp/

次回は、事業計画書作成のポイントについてお話させてただきます。




PageTop

Copyright(c) LTR All Right Reserved.